グルコサミンとは

グルコサミンはムコ多糖類の一つで関節の衝撃を和らげるクッションのような役割や潤いを保つといった美容効果もあります。
グルコサミンは元々体内で生成されている成分ですが、年齢とともに徐々にその量が減っていき、特に40代を過ぎたころから生成量が落ちますが、激しい運動や肥満などの関節に大きな負担がかかる事でも減ってしまいます。
このグルコサミンはカニやエビの殻などに多く含まれますが、今はコンドロイチンなどの有効成分を同時にとる事が出来るサプリメントがあるので手軽に効率よく摂取することができます。
グルコサミンの効能として、軟骨の再生を促進し、老化による膝の痛みや関節痛の予防改善などがあり、また、同じように軟骨に対して重要な役割を持つコンドロイチンと同時に摂取するとより効果的です。
変形性関節症の治療としても使われることのあるグルコサミンですが、摂取してすぐに効果は出ないので数週間取り続ける必要があります。
また、プロテオグリカンなどの成長因子を含むものと同時に摂ると軟骨の強度を保つのに効果的です。
グルコサミンは安全性も高く、規定を超えて摂取したりしなければ副作用が起きることはありません。