多くの高齢者が、膝や腰の関節の痛みに苦しんでいます

多くの高齢者が、膝や腰の関節の痛みに苦しんでいます。
関節の痛みに対して、サプリメントを利用し始める高齢者も少なくないです。
関節痛の症状が悪化すると、日常生活にも支障が出てきます。
関節痛と言っても様々で、変形性関節症は女性に多く、男性の三倍ほどの患者数がいると言われています。
このような関節の痛みを改善するサプリメントとしてよく使われるのが、グルコサミンです。
グルコサミンはブドウ糖にアミノ酸が結びついて出来るムコ多糖類の一つで、カニの甲羅やエビの殻に含まれるキチンを加水分解して精製されます。
グルコサミンは、軟骨の摩擦を抑制し関節痛や変形性関節症の痛みを、和らげる効果が期待できます。
さらに、すり減った関節軟骨を修復し再生を促したり、炎症を抑えるの効果もあります。
グルコサミンの必要量を食事でとるのはとても難しいので、ほとんどの人が、サプリメントを使用しています。
年齢を重ねるとともにグルコサミンやコンドロイチンなどの水分や弾力を保つ軟骨の成分が減ってしまいますが、この減ってしまった分をサプリメントで補うことで、軟骨を修復し丈夫に保つことが可能になります。